1576-鮎を追わせるコツを伝授!丹生ノ川 初期のアユ釣り攻略 of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1576-鮎を追わせるコツを伝授!丹生ノ川 初期のアユ釣り攻略





平成30年7月10日更新


今回は初期のアユ釣りを楽しもうと和歌山県日高川支流丹生ノ川へ釣行。時間帯に合わせた攻略法をトーナメンター廣岡保貴、廣岡昭典の両氏が分かりやすく解説します。

水温の低い時間帯はアユがいてもなかなか追わない!ポイントの見切りが難しいタイミングと言えますが、ここはテンポ良く探るのではなく当日の状況を知るためにも比較的時間をかけながらじっくりと探る。当日もその言葉通り早朝は時間を掛けながらポツポツとアユを追わせ釣果を伸ばしていく。野鮎の活性が上がらない場合の考え方や攻め方をじっくりとご覧いただきます。


レポーター:糸数 恵士

ゲ ス ト :廣岡 保貴  廣岡 昭典

今回のタックル
【ロッド】
がま鮎 競技 GTI 極泳がせ 9m / 引抜早瀬 9m

【ライン】
フロロカーボン0.175号
メタブリッド高比重 0.04号

【ハナカン】
上ハナカン 5.5号 / 満点ハナカン 6号

【サカサ】
ザ・フックサカサ 2号 / G-HARDサカサ 2号

【フック】
T1 核 6.5号 / T1Mシステム鮎 4本錨用 5.5号

釣り場:和歌山県日高川支流丹生ノ川にて

お問い合わせ
日高川漁業協同組合:℡.0738-52-0224

トップへ