1606-夢を追う大物釣り師の挑戦 能登半島ビッグカレイ炸裂 of FISHING LIFE

FISHING LIFE > 1606-夢を追う大物釣り師の挑戦 能登半島ビッグカレイ炸裂





平成31年2月5日更新


湯浅研史&板東建司の2人の大物釣り師が石川県能登半島でビッグカレイを狙い撃つ。

短時間に地合いが集中するというカレイ狙い。ちょっとしたタイミングをうまくとらえられるかがひとつのポイントとなりますが、当日は餌取りの動きに変化が出たタイミングにアタリが集中。餌が残りだしたタイミングを見事に捉えカレイのアタリが連発!慌てずじっくりと食いこませ確実にものにしていく。

ポイント的にも藻が多くランディングに注意が必要な状況下、がま投バトルサーフの粘り腰を活かし次々と本命を取り込んでいく!そしてついに50センチ級のザブトンクラスの漁信を捉える!大物釣り師の夢を追うドラマを放映します。

レポーター:湯浅 研史

ゲ ス ト :板東 建司

今回のタックル
【ロッド】
がま投 バトルサーフ 33-430 / 35-430

【ライン】
PE:1.5号 / 3号 ハリス:6号

【ハリ】
A1トーナメントカレイ 13号.14号

釣り場:石川県能登島にて

トップへ